プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

この道に進んで16年。
店のオーナーになって5年目。

いち料理人として最高の料理を出したい自分と、いち経営者として社会の厳しさを実感する自分との両方で奮闘しながら、愛する従業員と共に、お客様に喜んで頂けるお店を目指しています。

料理の素材に関する事や取り組んでいる事など少しづつですが紹介できたらと思います。

どうぞよろしくお願いします


最近のコメント

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 世界共通? | メイン | 食の安全とは?  »

2010年10月12日 (火)

お弁当

先月 法事の後の会席の予約があり、折詰を作る機会がありました。

昼すぎの時間の宴席で、このような仕事はめったにないので、ご予約頂いた

お客様には感謝ですhappy02 有難う御座います。

折詰やお弁当もホテルや料亭、料理屋さんでは当たり前のように入る仕事ですが、夜営業中心の当店ではあまりない仕事です。

経験不足ながらも、作りました。

携帯なので少しぼけてしまいました。

十字の仕切りがあるので松花堂弁当です。

20数種類、手作りですので結構時間がかかりました。

弁当はずいぶん昔からあったらしく、その歴史は平安時代まで遡るそうです。

今はコンビニ、給食、外食などがあり、弁当を持参する人は少なくなったのではないでしょうか。 まだなにもない時代、毎日弁当を作るのは大変だったと思います。

大変だったんだろうなと思う、思い出に私は学生時代のお弁当があります。

毎日、母が作る弁当の中身のある日が『鶏もも骨つき一本』と『ご飯』の日がありました。開けてびっくりです。アルミホイルが巻かれた鶏足とご飯のみです!

完全な手抜きですよね・・・。ある日は『塩鯖とご飯のみ』という日もありました。 

後、必ずキウイがはいってましたね(笑)健康にいいという事でしょうか。 
そんな弁当がいい思い出で一番記憶に残っています。


自分も記憶に残る料理が作れたらいいなと思います。手抜きはしないように・・・

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://cms.blog.gnavi.co.jp/t/trackback/569625/28729033

お弁当を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

北の喰処 ふじ蔵 のサービス一覧

北の喰処 ふじ蔵