プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

この道に進んで16年。
店のオーナーになって5年目。

いち料理人として最高の料理を出したい自分と、いち経営者として社会の厳しさを実感する自分との両方で奮闘しながら、愛する従業員と共に、お客様に喜んで頂けるお店を目指しています。

料理の素材に関する事や取り組んでいる事など少しづつですが紹介できたらと思います。

どうぞよろしくお願いします


最近のコメント

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

素材/食材 Feed

2012年10月25日 (木)

RE-FISH

先日、Re-Fish 代表 上田勝彦氏(水産庁)の講演を拝聴しました。

re-fishとは、『日本の魚食の復興』『水産物を中心とした日本の食の再構築』をテーマのプロジェクトです。

2010年10月12日 (火)

お弁当

先月 法事の後の会席の予約があり、折詰を作る機会がありました。

昼すぎの時間の宴席で、このような仕事はめったにないので、ご予約頂いた

お客様には感謝ですhappy02 有難う御座います。

折詰やお弁当もホテルや料亭、料理屋さんでは当たり前のように入る仕事ですが、夜営業中心の当店ではあまりない仕事です。

経験不足ながらも、作りました。

携帯なので少しぼけてしまいました。

十字の仕切りがあるので松花堂弁当です。

20数種類、手作りですので結構時間がかかりました。

弁当はずいぶん昔からあったらしく、その歴史は平安時代まで遡るそうです。

今はコンビニ、給食、外食などがあり、弁当を持参する人は少なくなったのではないでしょうか。 まだなにもない時代、毎日弁当を作るのは大変だったと思います。

大変だったんだろうなと思う、思い出に私は学生時代のお弁当があります。

毎日、母が作る弁当の中身のある日が『鶏もも骨つき一本』と『ご飯』の日がありました。開けてびっくりです。アルミホイルが巻かれた鶏足とご飯のみです!

完全な手抜きですよね・・・。ある日は『塩鯖とご飯のみ』という日もありました。 

後、必ずキウイがはいってましたね(笑)健康にいいという事でしょうか。 
そんな弁当がいい思い出で一番記憶に残っています。


自分も記憶に残る料理が作れたらいいなと思います。手抜きはしないように・・・

2010年9月 4日 (土)

世界共通?

最近、日本以外の国のお客様に来店していただく機会がありました^^

中国、韓国などアジアの方

ジャズフェスで来日されていたロシア、カナダのお客様

そのほか、フランス、イタリアなどヨーロッパ、そしてアメリカのお客様など。

今まで海外の方に向けて料理を提供する機会が少なかったので、外国の方がどんな物が好きなのか、勝手なイメージしかありませんでした。

たとえばアジアの方は辛い物とか、ヨーロッパの方は肉やサラダ料理・・・
などなど・・・・・・

しかし、皆様が共通してご注文されるものがあります。

それは・・・刺身です!

皆様刺身に醤油をつけて美味しそうに食べていらっしゃいます。

イカ、まぐろ、サーモン、帆立、つぶ、えび、山葵はつけたり、つけなかったり・・・。

そこで、ふっと思ったのですが、

刺身という料理は素材の新鮮さをダイレクトに味わう料理で、もっとも調理をしない究極の料理です!そう、ちょうどトマトを丸かじりしてるのと似ていると思います。

そんな究極の料理は日本人がもっとも得意とし、世界で一番食べてるわけですが、人類が最初に食べた魚の食べ方は、もしかしたら、刺身だったのでは!?(丸かじり?)

歴史はよくわからないですが、火が使える以前は刺身(丸かじり)で食べていたのではないでしょうか、『骨や頭は美味しくないけど身は美味しいよ』みたいな(笑)

まぐろはどこの国の方にも人気がありますが、最初にまぐろを捕まえた人は、刺身にして食べたのでしょうか?
丸かじりは難しいですもんね(笑)



2009年10月 1日 (木)

秋の味覚  落葉 おちば きのこ?

 
久し振りの更新です。 すっかり秋になってしまいました。。

秋と言えばきのこです
きのこといえば【まつたけ】【トリュフ】【アガリスク】【ドコモダケ】?
などいろいろありますが
今日紹介するのは落葉キノコです!
落葉とかいて『らくよう』とよびます。

このきのこは落葉松(カラマツ)などに群生している北海道の秋を代表する
高級きのこです。
アクが無く、味はよく、独特のぬめりがあり、つるっとした食感が最高においしいです。

おろし和えやお味噌汁などが定番ですね。

ふじ蔵では、贅沢に他7種類のきのこ(しめじ ぼりぼり、生なめこ、えりんぎ、椎茸、平茸、舞茸)と一緒に鶏がらで煮込んだキノコ鍋をお出ししています。↓

きのこは低カロリーで栄養抜群なので女性にもおすすめです!!
ご希望のお客様は上記4つのキノコもいれますが・・・

冗談はさておき、ぜひこの機会に食べてみてください。
 

2009年7月28日 (火)

みんな大好き さんま

秋刀魚の漁が始まりました。

毎年7月頃から漁がはじまりますが、まだ傷ものも多く
魚体が大きい物もあまり出回っていないイメージがありました。

やっぱり『秋刀魚』と書くだけあって夏から秋にかけてが旬だと
思っていたら、先日かなり大きな秋刀魚に出会い、
さっそく下ろしてみると、やや傷はあるものの、脂がのっていてとてもおいしかったです!!

8月頃から秋刀魚の刺身を開始しようと思いますのでぜひ食べに来てください!

秋刀魚の刺身は3枚に下ろし、中骨を丁寧に取り除く、皮を引く、この作業を無駄なく素早くやります。
人間の手は思っている以上に暖かいので、それが小さい魚だと伝わりやすく鮮度がおちます。 

難しい話はさておき、とにかくおいしですよね~ 塩焼きも私は大好きですし
竜田揚げにしたらビールにあって最高です。

北海道も雨(梅雨?)がつづいてますがこれも温暖化とか関係してるんでしょうか・・・そのうち『秋刀魚』も『夏刀魚』になるかもしれませんね(笑)

2009年6月27日 (土)

ビールがおいしい季節です。

久しぶりの更新です。

6月は忙しく、お店に入れなかったお客様には
大変申し訳ありませんでしたsweat01

観光のお客様にもたくさんご来店頂きました。
本当にありがとうございます!!

気づいたら6月ももう終わりです。一年の半分がたちました。
やっと暖かくなってきてビールがおいしい季節です!

当店のビールは毎日のサーバー洗浄など、徹底した管理のもと
冷えたジョッキーでスタッフが一生懸命作っています!beer

しっかり入れた生ビールはジョッキーに泡のリングが残ります。
これを【エンジェルリング】といいます。ぜひ確認してみてください!

ビールのお話がでたので、ビールに合うおいしいおつまみも紹介!!


空豆とエビのかき揚げです!空豆の旬は5月~7月頃。
海老との相性が抜群です。この料理、実は空豆をそのまま揚げると
ちょっと独特のにおいが出てしまいます。そこであるものを加えると
そのにおいを消す事ができます。その“あるもの”とは・・・・・・・・

長くなってまいりましたので、今回はこの辺で(笑)
 

2009年5月13日 (水)

タケノコにょきにょき♪

笹竹の子が入荷しはじめました!

この竹の子は姫タケノコ根曲がり竹と呼ばれる物で、

春一番の竹の子は【孟宗竹】と呼ばれています。

モウソウは糠と唐辛子で茹で土佐煮や若竹煮などの料理が王道ですが

笹竹の子は細くて灰汁もつよくないので、そのまま強火で焼いて
特製の味噌で召し上がっていただきます。これが旨い!!

よく、茹でた物が売ってますが、当店の竹の子は生です。
この時期しか食べられません!

雨後の竹の子と呼ばれるように、成長がとても速く、1か月ぐらいしか

出回りません。旬が短いですねぇ~。

んっ、だから『筍』という字には『旬』という字が小さく入ってるのでしょうか?????

ともかく・・・ぜひこの機会に食べてみてください!!


2009年4月13日 (月)

当店自慢の一品

当店自慢の逸品 【特大出し巻き玉子】

お客様によく『だし』や味つけを聞かれますが・・

・・・・秘密です(笑)

玉子を8個使って焼くわけですが、『だし』もはいっているので
かなりの量になります。
しっかり焼けるようになるには、返す技術はもちろん、玉子の特性や
混ぜ方、『だし』の順番などいろいろありますが、最後は気持ちでしょうか(笑)
『料理は心』とは本当だと思います。

私もお客様にだせる物になるまで何年もかかりましたsweat02

お得なぐるなびクーポンでサービスしてますので
ぜひ、食べてみてください!!

2009年4月11日 (土)

子どもはかわいい


最近の土曜日は子供連れのお客様も増えてきました。
私も2歳の娘がいます。

昔は子供連れのお客様が来ても、どうしたらいいのか?とか
なんて話しかけたら(子供に)いいのか、さっぱりわかりませんでした。

自分も親となって、いろいろ気づくこともあり、お店でできる事はないかと
考えるようになりました。経験しなければわからない事ってたくさんありますねhappy01

でもお店としては、ちっちゃな子を連れて遠くから足を運んで下さった
親の皆様にこそ、おいしい料理を食べていただいて、日ごろの疲れがとれればと思います。

新鮮な生マグロ 入荷しました。暖かくなって春の食材も満載です。
皆様のご来店おまちしております。


北の喰処 ふじ蔵 のサービス一覧

北の喰処 ふじ蔵
  • TEL011-531-6488